保険

がん保険の内容は?

がん保険と普通の医療保険との違いがはっきりわからないという声を聞いたことがあります。保障内容的には、広く浅く様々な疾患や怪我に対応できる医療保険とは違い、がんに特化してある保険であるということです。

なので、重い病気にかかっても、それががんでなければ保障の対象にはなりません。がん保険は、あくまでも悪性腫瘍との関係が問われるというわけです。その代わり、いったんがんに罹ったら、手厚く保障されることになります。

とはいえ、保険会社などによってもがん保険はいろいろあります。

保障内容を十分検討してから加入しないと、肝心なときに希望通りに保障してもらえないということもあり得ます。

保険料金が安ければよいというものではありません。

不幸にして若いうちにがんになる人もありますが、大半は高齢になってから罹ることが多いのです。

がんリスクと言われるデータを見ながら、よく考えて選びたいところです。

どんな保障を希望するのかを明確にして、それと保険料とのバランスを見て決めることが大切です。

たとえば、がん診断の時に給付金が出るのは幸いです。

入院、手術、再入院、長期療養、先進医療など、治療費はかさむのが普通です。

誰も、自分は絶対がんにはならないとは断言できないのですから、保障についてはよく説明を聞き、考えましょう。



TOP PAGE